最近マンネリ… そんなお悩みに! 秘密包装 媚薬大爆安通販はこちらへ
  • セクシーな気分になる食べ物

        1.バニラ

        バニラの香り成分には、男性フェロモンと似た成分が含まれています。ワイルドな性欲効果でななく、やさしい性愛欲を刺激するそうです。

        2.イチジク

        ギリシャ・ローマ時代には国の豊かさの象徴とされ、媚薬としてもてはやされていました。イチジクに含まれるリンは、体内代謝を促進し、人を興奮させるとも言われています。

        3.トリュフ

        特に、地中海地方でトリュフは媚薬として扱われていました。その独特の香りは、人を性的に惹きつけるフェロモンの香りと似ていると言われます。強壮作用があるとも信じられています。

        4.牡蠣

        伝説のプレイボーイ、カサノバは朝食にカキを食べていたと言います。その見た目から想像を掻き立てますが、栄養価から見ても、鉄、カルシウム、ヨード、ビタミンAとBを含みアスリートが必要とするレシピを1人でカバーしているのです。さらにカキに豊富に含まれる亜鉛は、男性の生殖能力には欠かせないミネラル分です。

        5.タマゴ

        タマゴは、イースターで代表されるように世界中で豊穣のシンボルとなっています。卵白に含まれる優れたタンパク質は、精子の生産を高めます。卵黄に含まれるビタミンA、B、Kと脂肪分は、パワーと持久力を向上する働きがあります。

        6.ショウガ

        インドの伝承医学であるアーユルベーダでも、気分を向上させる、そして性欲を起こすために使われます。ショウガの精油は、食欲を促進するだけでなく、精子の生産を高める効能もあるとか。

        7.カルダモン

        乾燥させたカルダモンの種は、オリエントでは昔から媚薬されていました。その精油は、精神を興奮させ、男性の精力を高めると言われています。小さじ半分のカルダモンの粉を牛乳やお茶、コーヒーなどに混ぜることで、心地よい香りを楽しめるだけなく、エッチな気分も起こさせるそうです。

        8.ザクロ

        古代バビロニアでは、リンゴとザクロを用いて性愛の呪法に使われていたとか。ザクロは、ビタミンBとC、カルシウム、鉄、リンを含み、豊富なカリウムは神経と筋肉の機能に欠かせません。

        9.チリ

        世界で一番辛い香辛料は、ホットなお助け役。チリに含まれるアルカロイドが血行を促進し、体には刺激として知覚されます。その辛さが咽頭の神経を刺激し、そのシグナルが脳へ伝わると、幸せホルモンが放出。人をその気にさせてくれる効果があるのです。

    媚薬おすすめ

    今、人気の媚薬がオススメです。媚薬は女性に対して、SEXの快感を倍増する、性機能改善、免疫力増進する事もできます。女性不感症の方には特にオススメです。

    淫インモラル
    淫インモラル
    妖姫
    妖姫
    D10媚薬
    D10媚薬
    マジックラブポーション
    マジックラブポーション